前へ
次へ

美容のためにお肌に合った化粧品を選びましょう

化粧水をお肌になじませた後、乳液とクリームのどちらを塗ればいいのか迷うという人は少なくありません。
乳液とクリームの大きな違いは、水分と油分の比率です。
乳液は水分が多く油分が少なめで、クリームは油分の方が多いという特徴があります。
乳液は油分が少ないため使用感はさっぱりとしていますし、油分が多いクリームはしっとりとした使用感を実感できます。
どちらを選ぼうか迷ったときは、肌質や使用感の好みで選ぶとよいでしょう。
たとえば、オイリー肌の人は油分が多いクリームを塗ると、テカリが目立ちやすくなったり、毛穴がふさがってニキビができやすくなると言われています。
そのため、オイリー肌の人は軽い使用感の乳液を選べば、快適に保湿できると言われています。
また、季節に合わせて使い分けるのも一つの方法です。
乾燥が気になる冬はクリームを使ってしっかり保湿し、暑くて皮脂量が増える夏は乳液でさっぱり保湿するとよいでしょう。
ちなみに、夏でもエアコンや紫外線でお肌が乾燥しやすいという場合は、美容成分が豊富に配合されている、さっぱりタイプのクリームを取り入れれば、お肌の表面だけが乾燥してしまう心配がありません。
また、配合されている美容成分を比較した上で製品を選ぶことも重要です。

Page Top